厄年は怖くない!

節分と厄除け

2月3日は節分です。『鬼は外』『福は内』の掛け声と共に炒った大豆をまきます。子供の頃、まいた大豆を夢中になって拾ったものです。食べてもさほどおいしいものではないのですが、地方にもよりますが、豆まきの豆が大豆から、下に落ちても食べる部分は汚れない落花生や、子供が喜ぶ包装紙に包まれたチョコ玉をまく地域もあります。

節分に厄除けをするわけ

節分

節分に厄除けをするわけを知るには、どうして2月3日という中途半端な日が節分になっているのかを知ると分かります。2月3日の次の日は立春になっています。この立春を旧暦で見ると、ちょうどお正月の頃にあたります。旧暦で言うと、立春から次の年の立春までが1年なのです。

新年の神様を年神様と呼びますが、悪いものを追い払ってから年神様を迎えるために節分を行うのです。こうして節分に厄除けが行われますが、その家庭に厄年の人がいる場合、家も厄年の人も一緒に厄除けをしてしまおうとのことで、厄年の人も節分までに厄払いをするのです。

神社や仏閣で厄除けのお札をもらった場合、鬼門である北東と、裏鬼門の南西を避けた目の高さよりも高い位置に祀るようにしましょう。

豆まきの正式な方法

大豆を炒って枡か三方に入れて神棚に供えます。家族全員が揃ったら、豆まきを始めます。豆をまく人は基本的にその年の年男か厄年の男性、あるいはその家の主人がまきます。豆をまく順番は、玄関から始まり、全ての出入り口と各部屋になります。

豆のまきかたも、『鬼は外、福は内』と言いながら、下から放ります。また、豆をまいたあとの出入り口は、すぐに鍵をかけるようにします。豆まきに使った大豆は『福豆』と呼び、後利益があるとされています。年の数だけたべる他に、お茶に入れて飲んだりもします。この福豆を食べるときには、無病息災を祈願しながら食べるようにします。

恵方巻き

関西地方では当たり前に行われてきたことのようですが、現在では全国に広まりつつある節分の恵方巻き。これは、節分の日に、その年の吉方に向かい、会話をせずに恵方巻きを食べきるというものです。そうすることで、1年が良い年になると言われています。もちろん毎年方角は変ります。

ページの先頭へ

豆を一つ多く食べるわけ

豆

一般的には豆まきをしたあと、年の数だけ大豆を食べます。この意味は、年神様の魂を体に入れるという意味があります。厄年の人は一つ多く食べるとされていますが、そのわけは、節分の次の日が立春で、数え年は立春から変わるという考えから、一つ多く食べると言う説と、年齢よりも一つ多く食べることで厄に対して年齢を偽り、災いを遠ざけようとする説があります。

厄年と節分

節分で、厄年の人が行わなければいけないしきたりが昔はありました。鬼を追い払う豆を年の数だけ取り、それに一粒足した大豆を清潔な紙に包み、大豆を包んだもので頭の先から爪の先まで全身を叩き、叩き終わった包みを、火をおこす火吹竹と一緒に、四辻に落として振り返らないで家に戻ってきます。こういった方法が、昔は行われていました。

ページの先頭へ

柊といわしの頭

柊

現在ではほとんど見られなくなりましたが、いわしの頭を柊の枝刺し、家の門に掲げたり、玄関に吊るして魔よけにする風習が日本にはありました。

どうしてこの組み合わせなのかというと、柊にはトゲがあり、毒草でもあります。いわしは昔の食卓にはよくあがっていたもので、生臭く、この二つを合わせると魔よけの効果があるとしんじられていました。

節分の象徴でもある鬼(厄)がいわしの臭いを嫌ったと言われていて、柊は、たとえ寒くても雪をも溶かすと言われていて、その木の枝といわしで鬼(厄)を寄せ付けないようにしていたのです。

ページの先頭へ