厄年は怖くない!

厄年の年齢

厄年の年齢は、基本的に男女別に考えられています。人生の節目に様々な体調の変化があるので気をつけるようにとの戒めの意味が込められているのであれば、男女別に考えられるのも納得がいきますね。

ですが、完全に年齢が別になっているわけでもありません。男女共通の厄年というものもあるのです。年齢は、数え年で見ていきます。

男の厄年

男の厄年

男の厄年は、数え年で25歳、42歳、61歳とされています。特に42歳は大厄と言われていて、最も注意しなければならない年齢と言われています。厄年の前後3年は注意しなければいけません。

昔は人生50年と言われていた時代で、42歳と言えばもう晩年を迎えた年齢でした。厄年になると、『役』につき、神社の経営や祭事執行に関係することを許され、地域を取り仕切ることもある年齢でしたが、体のあちこちにも不調が出て来る頃です。

実際、現代の42歳と言えば働き盛りですが、仕事でも無理をしがちです。やはり健康に変化が訪れやすい年齢とも言われていますので、大厄になったら注意が必要でしょう。

ページの先頭へ

女の厄年

女の厄年

女の厄年は19歳、33歳、37歳と言われています。大厄は33歳で、男性同様、前後の3年間は注意しなければいけません。33歳は『散々』に通じるものがあるからだとも言われていますが、これは語呂合わせに過ぎず、やはり人生の節目として、節度のある生活を送ることが大切です。

女性の場合は、妊娠や出産に関わるものもあり、19歳の厄年はちょうど卵巣の機能が安定する頃で、妊娠機能が整います。次にピークを迎えるのが33歳の大厄の頃です。この年齢でしたら、子育てで大変な思いをしているお母さんもいるでしょう。次の厄年にあたる37歳は、高齢出産にさしかかる年齢です。

こうしてみると、体の変化に伴って、厄年がやってくるのが分かります。30歳を過ぎたら。乳がんや子宮系の病気にも注意しなければいけませんので、厄落としの意味も込めて、健康診断を受けるのもいいかもしれませんね。

ページの先頭へ

前厄・本厄・後厄

厄年の前後各1年も注意しなければいけない年とされています。厄年の前の1年は、厄の前兆が現れる年齢として前厄と呼ばれ、本厄を迎えたのち、厄が薄らいでいく年として、後厄がやってきます。ですから、本厄を挟んで全部で3年は注意しなければいけないということになります。

反対に考えると、前厄で注意を払っていれば、本厄で大きなこともなく過ごせ、油断しないで後厄を過ごすことによって、大事に至らないということです。

ページの先頭へ

男女共通の厄年

男女共通の厄年

大きな厄年は、年齢が男女別に分けられていますが、男女共通の厄年もあります。1歳、3歳、5歳、7歳、10歳、13歳、24歳、28歳、46歳、49歳、52歳、55歳、60歳、64歳、70歳、73歳、77歳、82歳、85歳、88歳、91歳とされています。この中に、男女別の年齢が厄年として入ることになります。

また、結婚している人は、相手が大厄の年齢になると、自分が小厄になってしまいますので、人生のほとんどが厄年ということになってしまいます。男女別の厄年しか知らない人も多いですよね。そして厄年を気にする人も多いでしょう。

でも、男女共通の厄年の存在を知ると、人生のほとんどが厄年ですので、いたずらに恐怖心を抱く必要がないということが分かりますね。

ページの先頭へ

還暦は厄年だった!?

還暦は厄年だった!?

現在は、還暦を迎えるとお祝いをします。生まれたときの干支に還るお祝いで、長寿を祝うものです。ですが、元々還暦、喜寿、古希は厄年とされ、おめでたいこととして祝うのではなく、祝うことによってめでたくすると言う意味が込められていました。それがいつからか、お祝いだけが意識されるようになったのです。

ページの先頭へ